転勤族だった私は、何処に立っても山と川の望める風光明媚な町(金沢)での暮らしの中で、新聞の投稿が始まりました。徒然は私の宝物です。花の画像は庭の花です。
by violasan
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31


転居通知

名古屋に住む母が住み慣れた家から引っ越すことになり、手伝いに行った。私が結婚す
るまで育った家でもある。
 
柱の一本一本が想い出を宿していた。伊勢湾台風の浸水後もあった。当時珍しかった二
階建ての我が家がご近所の避難場所となりお祭り騒ぎになったことが甦る。
 「この家は、後一週間ほどで取り壊されるのよ」
と寂しそうな母の言葉だった。思わず目がうるんだ。
 
主人の転勤で八回も引っ越した私にとっては、この家こそが想い出のたくさんつまった我が家だ。空家になった古家をしっかり焼き付けて金沢に帰った。
 
引越しの疲れもいえた頃、母から電話が入った。
 「昨日、家の前を通ったらショベルカーが容赦なく壊していた」
と淡々といった。
 
母は、去年七十歳にして独学で調理師の免許を獲得した。愛知県内の最高年齢の受験
者であり合格者ある。そんな母でも亡き父と二人三脚で築いた家を七十歳にして離れるこ
とになった心痛は想像もできない。
 
しばらくして、母から転居通知が届いた。どんな気持でこの葉書をポストにいれたのであ
ろうか?

平成9年6月12日北国新聞掲載
c0051044_16501811.jpg

[PR]
# by violasan | 2005-02-05 16:51

安らぎの場

私の心の安らぎは、ふっと訪れる。
主婦業を少しだけ手抜きした静かなひとときが私の心の安らぎの場。
一枚の紙に向かってペンを持ち座り込むと、決して人に言わなかった喜怒哀楽な思いが湧き出てくる。誰にも邪魔される事のない私の世界に飛び込む。

書くという作業は意外と心地よく。このごろは生きがいにまでなっている。わが胸のうちは、おそらく誰も知らない。自分でも気づいたのは最近のこと。四十半ばに続いて起きた人との拘り!発散する手段を知らなかった。
自分の体力を過信してなにもかも熟そうとしていた。これを気づかせてくださった友人は金沢にもいない。

人は、いつか離れてしまう。けれど、紙とペンは手元にある。いつでも私を優しく受け入れてれる。書くことは自分の気持を整理でき、明日へのパワーが湧き出てくる。


平成9年6月10日北国新聞掲載c0051044_1645430.jpg
[PR]
# by violasan | 2005-02-05 16:46

無関心ではいられないこと

三国の町に友がいる。
年も明け七草粥、鏡開きと新年の行事を終える頃、その友の事が気になった。重油の事もであるが、今年彼女から届いた年賀状に、年末の体調がよくなかったので、今年は気持だけでも若々しく元気に頑張りたいと記されていたから!

早速、電話した。電話のむこうに彼女の声。
『ちょうど今、ボランティアから戻ってきたのよ』と息が上がっている。彼女は重油すくいの体力は無いので、炊き出しのお手伝いをしているという。いつも静かな海辺の町が、今は皮肉にもお祭り騒ぎのようとも!臭いが鼻についてお手伝いは大変よ!でもボランティアの方の活躍を黙って見ておれないと・・・・・。漁師の人たちも重油すくいに追われ漁に出れず収入も途ぎれ、何よりも地元の魚が食卓にでなくなったことを嘆いているという!
 
偶然にも、我が家が転居後起きた阪神大震災!震災後、十日ほど過ぎてから届いた西宮からの友の元気な声に胸を撫で下ろした日のこと。テレビで悲惨な様子が放映されるたびに、心は痛む思いであったことを今も忘れない。今度のことも同じだ。

彼女は『きれいな海が招からざる落し物に汚されたことが悲しい。あのきれいな海の色に、いつ戻るのかしら?』と言っている。
 
そんな中、県外から三国の町に応援に来てくださったボランティアの方の活躍で一日一日と変化する水の色。重油にまみれた海鳥が保護され、北海道のきれいな海に放された事を耳にすると心温まる思いである。

c0051044_16331296.jpg彼女が元気に炊き出しを終える日を待つ日々だ。

平成9年1月23日北国新聞掲載
[PR]
# by violasan | 2005-02-05 16:35

永遠の旅立ち♪

去る日、これからという若い命が交通事故により絶たれてしまった。意識不明のまま帰らぬ人となった。あまりにもあっけない出来事であった。
 彼を知ったのは四年前、金沢マンドリンアンサンブルのステージで彼の指揮を見たのがきっかけ。あまりにもユニークな指揮にひかれ、私もアンサンブルに加わり、識者と演奏者の
立場で三年が過ぎた。

今年に入り、話す機会も増え、彼自身の信念をアンサンブルにぶつけている姿と、音楽に対する熱意が、あのユニークな指揮を生み出していると理解出来た。本番の彼のユニークな指揮は、観客の笑いを絶えさせなかったし、演奏者の緊張をほぐしてくれた。一ヶ月後の本番をひかえた練習日、練習不足を彼自身のダミ声で補っていた。そのダミ声が、耳元を離れない。
 
ご両親の希望で、演奏の中彼とのお別れをする事になった。たまたま、私は彼の
愛用していた楽器を借用中。
 
「僕のマンドラ弾いてみない」という彼の一言で、私とマンドラの出会いが始まった。
遠い所へ旅立ってしまった彼の耳に届くようにマンドラの音色を奏でたい。


c0051044_1623339.jpg
[PR]
# by violasan | 2005-02-05 16:22

金沢の美術館に常設展を

夏休みを利用して娘たちと東北地方を訪れた。
幸いなことに我が家は転勤族であり、日本各地の自然や文化に触れることができる。今住んでいる金沢は、文化・伝統・風情に恵まれ居心地は良い。

しかし、今回の旅先でいくつかの地方の美術館を訪れて感じたことがある。 
地方にもかかわらず、どこの美術館にも、すぐれた西洋絵画が展示されていて、
常設展であるという。

中高生の娘たちは、美術の教科書でしか見たことがない絵画を実際にみて、授業で学んだ技法を目の当たりにして驚いていた。
 金沢は、前田家の貴重な美術品があまりにも素晴らしい。美術に関わる方は、その保存や展示に力を入れておられる。大切な事だと思う。でも、これらの展示物を子供たちが鑑賞して感動できるとは思えない。
 
金沢の美術展といえば日展を代表するような日本の作家の作品展ばかり、年に一,、二度の西洋美術展では、この時とばかり多勢押しかけるので会場は人の山で、とても鑑賞する気分にはなれない。

c0051044_16172014.jpgぜひ、子供たちをはじめ誰もが素直に素晴らしいと思える絵画が常設された美術展のオープンを望むものです。
[PR]
# by violasan | 2005-02-05 16:20

少しずつ・・・


転勤族だった私は、何処に立っても山と川の望める風光明媚な町(金沢)での暮らしの中で、新聞の投稿が始まりました。ココに過去のことして書きとめていこうと思います。画像のお花は現在の家の庭で咲いたお花です

c0051044_15324429.jpg


転勤族の妻達は今・・・・

平成8年7月24日北国新聞掲載

春に続いて又、友が去っていく。心の中にぽっかりと穴があいたよう。
その友は「せっかく、砂浜の上にお城を築いたのに」とぼやいていた。いつも冷静な彼女の言葉が私の心に残ったいつも冷静な彼女が・・・・・。その言葉が私の心に残った。

わが身も転勤族。やっと、築いたお城もいつ波に流されるかもしれない不安が心の奥底に見え隠れしている。少しでも、心地良く過ごしたいという気持が、いろいろな情報を自ら得て、呼吸できるように努力することが私の生き方。
 
金沢は、それが容易にできた。そんな中で出会えた友達。金沢の土地と風情がはぐくんだ温かい心の友と出会えたと私は思っている。そんな友によって心の穴は、何度もふさがれた。その都度、自分は磨かれ強くなっていくことを信じてやまない。

そんな自分も近い将来、波に流されないお城を築きたいと思う。いつも、心強い助言をしてくれた友が、新しい砂浜の上に波に流されないお城を一日も早く築かれるよう願っている。
[PR]
# by violasan | 2005-02-05 15:34 | 金沢