転勤族だった私は、何処に立っても山と川の望める風光明媚な町(金沢)での暮らしの中で、新聞の投稿が始まりました。徒然は私の宝物です。花の画像は庭の花です。
by violasan


<   2006年 05月 ( 19 )   > この月の画像一覧

空模様下り坂

待望の白モッコウが咲き始めました。

c0051044_953732.jpg

c0051044_962020.jpg


フリージア

c0051044_965826.jpg


悲しいかな~
やっと花のついたクレマチスなのに、多分ナメクジに食べられました。

c0051044_985452.jpg

[PR]
by violasan | 2006-05-12 09:10 | 庭々

つかの間の雨上がりに~

五月晴れのはずが、こう雨ばかりだとお庭の管理も行き届かない。前庭は日照時間が少ないせいか、白モッコウバラの開花が遅い。シンボルツリーであるはずのハナミズキを抜いてしまったので、アーチに絡ませた白モッコウバラが通りいく人びとに楽しんでいただくはずなのに・・・

2階からみた白モッコウバラですが、まだ花の数が少ない。

c0051044_2171678.jpg


名前忘れ
菜園の中で、しっかり根をはっています。蕾のうちは、ほんのり花びらのフチが紅色だ。
c0051044_2118173.jpg


ドン・ファン(繰り返し咲く。つる。イタリア産。)
二つ目の蕾だ。一つ目(下の方にある蕾)は開花前に、虫に半分食べられてしまった。ビロードのような光沢で病気には強いが、虫には手の施しようがない。しばらくするとコガネムシが飛んできてみる見る間に花をダメにするが、今年はまだみてない。このドン・ファンの蕾をたべたの誰だ?
c0051044_21182238.jpg


フリージア(黄色。四季咲き。香り強い。フロリダパンダ。ドイツ産。)
c0051044_21184693.jpg



バラを育て始め当初は、虫の事など気がつかなかった。
でも、今は小さな虫まで目に入る。害虫だったり、天敵だったり一口に虫といってもややこしい。


ヒラタアブ幼虫

最近知ったのですが、ヒラタアブの幼虫はさなぎになるまでに、数百匹のアブラムシを食べてくれるそうです。無農薬でのバラの栽培にとって、とても頼もしい天敵なのです。また、菜の花畑にはヒラタアブの成虫が多く、卵を産みつけます。結果幼虫も多く生息するので菜の花系の栽培試みるといいかもです。

c0051044_2119859.jpg


チャイブ
この苗は去年購入。ユリ科、葉や花を生で利用、ネギ同じように使えます。今年は種も蒔きました。
c0051044_21194434.jpg


ストロベリーキャンドル
秋に種撒きました。
クローバーの仲間で、イチゴのような赤い花を咲かせてくれます。明治時代に牧草として渡来したと言うことです。名前のとおり赤い花穂がキャンドルのようでなかなか魅力的です。
c0051044_2122086.jpg


いちご
4年前、3つの苗植えました。秋にランナーを切って、適当な場所に植え込んでおくと春には実がなります。
c0051044_21202415.jpg

[PR]
by violasan | 2006-05-10 21:39 | 庭々

バラが開きました

我家のバラは、ほとんどが町のホームセンター園芸部で購入したものです。(なぜなら、夫が安かったから買ってきてくれます。ネットや本で手に入れたいバラがあるのですけれど~)

一番開花



c0051044_7541199.jpg


ブライダルホワイト
c0051044_7544360.jpg


ゴールデンエンブレム
c0051044_755651.jpg


c0051044_8352116.jpg



2番手の蕾

シュネービッチェン(アイスバーグともいう。とても育てやすいバラだそうだが、親株を日当たりの少ないところに植え込んだためか、去年は悲惨だったので、挿し木にして裏庭に鉢植え。四季咲き。)

c0051044_756585.jpg


ライラックローズ(イングリッシュローズ。とても好きなバラ)

c0051044_7562377.jpg


今日の花

c0051044_7591564.jpg


宿根ビオラ
c0051044_7594347.jpg


セラスチューム
暖地では秋に種蒔きしておけば、毎年こぼれ種でよく育ちます。
c0051044_8033.jpg


モッコウバラ(黄)
c0051044_844791.jpg

[PR]
by violasan | 2006-05-09 08:16 | 庭々

バラの一番美しいとき

ロートレック

c0051044_1132252.jpg


ブライダルホワイト

c0051044_11333560.jpg



蕾から花びら1枚~2枚開きかけた時が私は一番好き。
蕾のときは楽しみもあるし、全開すれば華やかである。香りも放ち、バラを育てている私だけではなく、家族や通りかかりの人まで楽しませてくれる。「綺麗に咲きましたね」「通りの角からバラの香りがしますよ」と声をかけてくださる。
それでも、この蕾が開いて虫の害もなく花びらの線が見れるのはガーデナーの特権だと思う。

愛しいバラたちにも、天敵の勢いが増してきた(~_~;)

バラゾウ虫?
せっかくついた蕾をダメにしてしまう虫

c0051044_11412759.jpg



今日の花

c0051044_11421521.jpg


c0051044_11431968.jpg

[PR]
by violasan | 2006-05-06 11:43 | 庭々

馬糞堆肥の効果

c0051044_215193.jpg
c0051044_2152749.jpg


去年よりまして、緑が濃く株は大きくなっています。
わけを探ってみると、去年から馬糞堆肥を施すようになったことぐらいしか考えれません。植えるときは以前から庭土にピートモスと腐葉土を混ぜて植えるは以前から同じです。野菜堆肥も作り利用しています。薬剤を使わない庭なので、当然、アブラムシや黒点病の兆しも見えますが、株がしっかりしているのでそんなに心配はしていません。
[PR]
by violasan | 2006-05-05 21:11 | 庭々

バラの蕾が一段と膨らんできました。

バラの害虫
私が知っていることについてのコメントあります。
今のところ、見ていませんがコガネ虫類は花や蕾を食べつくすので困り者です。

ロートレック

c0051044_2038615.jpg



c0051044_2039255.jpg


ブライダルホワイト

c0051044_20395846.jpg


ゴールデンエンブレム

c0051044_20425484.jpg


バイオレットブルー

c0051044_20411114.jpg

[PR]
by violasan | 2006-05-04 20:46 | 庭々

さくらんぼ狩りバスツアー

五月晴れの名のごとく、雲ひとつない青空でした。
久々に親友と日帰りバスツアーです。

日程・・南アルプスさくらんぼ狩り(食べ放題)~甲府アピオ(ランチバイキング)~シャトレーゼワイナリー(ワイン試飲、チーズ試食)~八ヶ岳チーズケーキ工房


c0051044_23562718.jpg


c0051044_2356543.jpg


中津川を過ぎるころから山の峰が連なってきました。稜線には残雪がくっきりと見え、青空とのコントラストが映えました。こんなすがすがしい空はココしばらくおめにかかっていません。しばらく走ると右前方に富士山が薄っすらと見えました。さくらんぼ刈りツアーなのに、気分はお山に馳せ飛んでいくほどです。

c0051044_2356495.jpg


道中、さくらんぼ狩りの看板が目立ってくると、ハウスの数も増えてきます。
さくらんぼがハウスで収穫できるとは知らなかったものですから、これまた珍しい風景でした。

c0051044_00683.jpg


バスを降りて、ガイドさんの「さくらんぼ狩りをするハウスまでは10分ほど歩いていただきます」とあったとたん、娘さんたちは「えっ、歩くの~」とがっかりした声には驚きました。たった10分が歩けないとは(~_~;)。それでも前方にはくっきり富士山が見てくると、娘さんたちも、それなりに楽しんでおられて良かったです。

c0051044_0492333.jpg


c0051044_071585.jpg


c0051044_075417.jpg


一人平均50個くらいかしら、お腹一杯食べました。
もちろん、家族のお土産も買いました。(コレは少しお高い)

甲府アピオ(結婚式場?ホテル?)でランチバイキングです。和洋折衷でしたが、美味しくいただきました。

次は食後のコーヒーならぬワインの試飲とチーズの試食です。
説明の後、口当たりのの良いワインとスモークチーズに舌鼓をうちました。

c0051044_012315.jpg
c0051044_0125588.jpg
c0051044_013221.jpg
c0051044_0134148.jpg
c0051044_015819.jpg

[PR]
by violasan | 2006-05-04 00:15 |

今日の花

c0051044_20431821.jpg

ライラック
c0051044_20434223.jpg

ツルニチソウ(今年は一段と濃い紫のような気がする)
c0051044_20483771.jpg


c0051044_20454820.jpg

ロートレック
c0051044_20464376.jpg

去年100円で購入した10cmくらいの「目薬の木」が30cmくらいになりました。
c0051044_20496100.jpg

いちごの花
[PR]
by violasan | 2006-05-02 20:56 | 庭々

今年も~

また春のお庭の常連さん見つけ(~_~;)

c0051044_21201372.jpg


黒いマントに黄色のお腹をしたこの虫はチュウレンジ蜂といって、バラの茎に卵産みつけて、細かい幼虫になり、バラの葉っぱを食い荒らす憎き虫です。
例年小さくて緑いろの毛虫が葉っぱ食い荒らす状況に四苦八苦していたのですが、この虫の幼虫と知ったのは去年のことです。
去年は産卵する現場に気がつきませんでしたが、今年は今朝発見!早速、木酢液原液をかけてテデトール(手でつまむ)しました。
卵は多分、木酢液で天昇したと思います。去年桜についた赤い毛虫、夫がいなかったものですから、枝を切り落とし(まだ手が届くほど小さい木なので)木酢液かけたら全て天昇したので~。


仲間に「ハバチ」・・・マントもお腹も黒い

バラ栽培は薬を使い育てるのが手っ取りはやいです。薔薇園などはかなり散布して管理しています。広大な敷地のバラの管理を無農薬でなんてとうてい無理です。
鑑賞用のバラはそれでもOKだと思います。でも、我庭は愛犬の遊びの場であり野菜やハーブを育てているから薬は使えません。木酢液を生薬のみで管理するのは、気の遠いことですが~。




バラクキ蜂もいそう?
せっかくの新芽が数本ゲンナリしていました。

c0051044_20333729.jpg


葉巻ムシの仕業?

c0051044_2034502.jpg


アブラムシ

c0051044_20353490.jpg



下の虫は、ヒメクロオトミブミ?
c0051044_21345025.jpg

[PR]
by violasan | 2006-05-01 21:32 | 庭々