転勤族だった私は、何処に立っても山と川の望める風光明媚な町(金沢)での暮らしの中で、新聞の投稿が始まりました。徒然は私の宝物です。花の画像は庭の花です。
by violasan
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


<   2005年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧

ノースボール

遊びに来てくださる方が増えたので人気blogランキングに登録しました。ぜひ、ランキングにも応援してくださいね。


以前咲いていたノースボールがなんだか貧相になってきたので2月に新しい苗を植えました。こぼれ種でいくらでも育つ花なのですが、前の花は我家の居心地悪かったみたい(~_~;)

クリサンセマム
キク科の一年草、日当たりよく水はけの良い用土を好む。
c0051044_2153354.jpg

[PR]
by violasan | 2005-04-27 21:04 | 庭々

宿根ビオラ

人気blogランキング

冬の間地上部が絶えていたビオラです。2回目の春を迎え元気に育ち始めました。
エレイン クイン
開花期は5月6月、日当たり~半日陰を好みます。
c0051044_20552674.jpg

[PR]
by violasan | 2005-04-27 20:54 | 庭々

チューリップたち

c0051044_2246862.jpg
c0051044_22475854.jpg

c0051044_2249713.jpg



人気blogランキング
[PR]
by violasan | 2005-04-26 22:49 | 庭々

ムスカリ


新しい品種のムスカリが仲間入りしました(*^^)v
葉っぱがピンと伸びていいです。
c0051044_11344426.jpg
c0051044_11373945.jpg

c0051044_1139982.jpg



人気blogランキング
[PR]
by violasan | 2005-04-23 11:39 | 庭々

ジューンベリー

3年前夫がベリー類の苗木を買ってきた。ブルーベリーばかりと思っていたが、ジューンベリーの苗木が混ざっていた。
後で分ったことだが、ジューンベリーは花、実、紅葉と楽しめて鑑賞用にもなる。植えたときの苗は30センチほどで、海のもの山のもと知れず木だったが、年々良い姿になってきた。今年はたくさんの花をつけた。
c0051044_2122478.jpg
去年の紅葉
c0051044_21242790.jpg



ザイフリボク(四手桜)のアメリカ原産種で、実が可愛らしく食用になります。

バラ科ザイフリボク科 落葉中低木 原産地 西洋種はアメリカ(ザイフリボク=日本)
英名:Juneberry、Serviceberry 和名:アメリカザイフリボク

ザイフリボク科は25種ほどあり、そのうちの一つで、最近のベリー(小果樹)ブームで”ジューンベリー”と呼ばれるようになったそうです。

・日当たり良く、肥沃な土壌を好む。
・寒さには強いですが、夏の暑さに弱いので、風通しのよいところで管理。
 できれば、強い雨にあたらないほうが綺麗な果実が付く。
・やや常時湿り気のある状態を好みますので、水やりはまめに。
・花は5月頃、小さな白い花を沢山咲かせます。実の収穫は6~7月頃(今年は期待かな)
・肥料は、庭植えは10月頃に。鉢植えは3月頃に、固形の油かすを株元にまく程度でよい。

とありますが、比較的育てやすい木だとおもいます。一番の敵は庭に下りるヒヨドリ(~_~;)

人気blogランキング
[PR]
by violasan | 2005-04-21 21:24 | 庭々

タチツボスミレ

普通のスミレは、いたる所で見かけるようになったが、タチツボスミレらしいスミレは、お庭、団地内では見かけていない。しいて含めれば、「紫式部」が、葉の形は似ているが肉質は随分厚い。
多分、品種改良された園芸種のスミレだと思う。
幸い、掲示板にハリコされた画像が数々あるのでまとめたい。

c0051044_1237381.jpg
c0051044_12451567.jpg



2004年秋に花屋で葉っぱだけの苗購入しました。2005年4月になり、ようやく開花です。
(原種すみれ。花は小さく葉の光沢が特徴。宿根すみれ。原産地は北米 )

以下は、皆様のタチツボスミレ系の画像です。タチツボスミレには香りのあるものもあります。香りのあるスミレはニオイタチツボスミレと名前が付けられています。

画像提供はamさん(愛知県西尾市)
c0051044_1365017.jpg



画像提供はへろおさん(埼玉県)
c0051044_13112750.jpg

c0051044_192515.jpg

[PR]
by violasan | 2005-04-20 12:44 | 庭々

ターシャという人!

しばらく、記憶の外にあった。針仕事、挿絵 、ガーデニング、パン作りを心指す女性ならば、一度は彼女に心が揺れたはず。と、勝手に決め付けてはいけないが、素晴らしい女性像だと思う。


c0051044_19552142.jpg



今日午前中は薔薇園で過ごした。園内に、ターシャのコーナーがあり心揺れた。とれたて卵、ハーブや果物でアーリーアメリカン料理やフランス料理を作るのに使う19世紀初期の調理器具、部屋を灯す蝋燭の台、ターシャが最も大切にするティータイムに用いる中国製ティーカップ、ポットなどのコレクション。手製のドレスを縫うミシン、機織機などが置かれている。

ターシャはアメリカの子供達にもっとも愛されている絵本の挿絵画家です。
彼女現在は90歳、ニューイングランドのバーモントで1830年代の生活様式そのままに暮らしています。
30万坪という広い敷地には花が咲き乱れたくさんのコーギ犬と、とりや動物達とともに自然の中で心豊かに暮らしています 。。四季折々の行事を大切に守り私達現代人が忘れ去った古き良き時代そのままの暮らしを営んでいるのです。立ち木の姿があまりにも美しいそうです。
ターシャの家を訪れた人は誰もが200年前にタイムスリップしたかのような錯覚に陥ります。
ターシャの庭仕事と手仕事、料理はどれもみなすばらしくドールハウスに登場する人形たちはその世界で暮らしているかのようです。

1枚のシャツを作るのに麻の繊維を取るためのリナムペレニアムという花を育て収穫し川の水にさらし 、たたき 、梳き 、紡いで糸にします。できあがった糸を庭から摘んできたセイタカアワダチソウの花で染め織り上げます。
そうしてできた布を切って縫ってシャツに仕上げるという気の遠くなるような作業を3年もかかって完成させしまうそうです。

昔ははみなそうして丹精こめて衣服を作っていたのでしょう。そうしてできた服は大切に大切に着られ つぎを当てられたりしながら親から子へとボロボロになるまで着られ衣服としての役目を終えるとパッチワークという技法で寒さをしのぐためのベッドカバーや敷物などにに形を変えて最後の最後まで使われていったのです。もっとも、最近はそんなファッション(つぎはぎ)がまかり通り、プレミアムという価値がつき、エッ(~_~;)というお値段にびっくりしたりします(笑)

現代社会ではコストが優先されものを大切に使う習慣が失われつつあります。時計や電化製品など修理するより新品を買ったほうが安いなどという現象が起き大量の品物が使い捨てにされています。

こんな社会にあって豊かさって一体なんだろうと思う。ターシャのような生きかたができることこそ本当の豊かさなんじゃないかと~。思うことは容易いけれど、現実はほど遠い。今日出会えたことで、もう一度ターシャの暮らし方を心にすえたいと思いました。
薔薇園の中に、ターシャの暮らすお家とお庭の雰囲気が再現したコーナーが魅力的でした。今度は、こんなお庭(↓)でお弁当広げたい。



c0051044_20193286.jpg
c0051044_20331515.jpg



人気blogランキング
[PR]
by violasan | 2005-04-18 20:00 | 徒然

スミレ

庭にある鉢に自生しているスミレです。庭だけでなく多治見の町中あちこちに咲いています。芳香はありません。

c0051044_2294785.jpg



スミレの仲間は、可憐な花の姿が人々をひきつけ、万葉の昔から愛されて親しまれている花です。日本には100種類が自生しているといわれ、名前の区別は容易ではありません。スミレという名前は、花の形が大工さんの使う墨入れ(墨壷)に似ていることから付けられたものといわれています。

似ているスミレ
amさん提供
c0051044_1027734.jpg

cacoさん提供
c0051044_10341925.jpg

まあちゃん提供
c0051044_10362492.jpg

viridianさん提供
c0051044_10455760.jpg

サリーちゃん提供c0051044_1050741.jpg


みなさんに2004年から今年にかけて提供していただいた我家の自生スミレに似ている画像です。少しずつ形色がちがいます。手さわりの感触と芳香なども観察しないと、正確な名前は今のところ未定です。この画像みて、もし名前が分る方いらしたら教えてくださいね。
[PR]
by violasan | 2005-04-13 22:16 | 庭々

アリアケスミレ

2004年に花屋で蕾つき葉だけの苗を購入。蕾がたくさんあり、すぐの開花楽しみにしていましたが、次から次へと種をはじいて花は咲きませんでしたが、2005年4月になってたくさんの花が咲きました。

c0051044_1054478.jpg



参考までに~
スミレの葉は大まかに区別して3種類

「スミレ」細長い葉

「エイザンスミレ」ギザギザの切れ目がある葉

「タチツボスミレ」ハート型の葉
[PR]
by violasan | 2005-04-13 10:51 | 庭々

イタリア村

2010現在は、存在しません。


1950年代のイタリアのヴェネツィアをイメージしたショッピング・モール「名古屋港イタリア村」が4/2グランドオープンしました。

約80店舗のショッピングモール、イタリア料理屋に加え、水の都ヴェネツィアをイメージした運河を敷地内に設けてゴンドラを運行するといったテーマパークです。





生まれ育った名古屋のはずなのに、地下鉄は随分距離をのばし、右回りだの左周りだのとあり(~_~;)
友人が行きたいというイタリア村に行った。地下鉄名古屋港の駅を降りて上がるとすぐ見える。まるで異国も町に来たような錯覚に落ちる。
うん十年前の港は倉庫街、貨物船やらフェリーが泊まっているのが見える。人どうりは無く、船員さんと人夫さんだけで、汽笛の音が妙に寂しい港町だった。
それが、まるで栄の繁華街の人通りとかわりない。近くには水族館などもあるが、この人の流れは皆イタリア村に直行だった。
c0051044_23175883.jpg

c0051044_2317825.jpg

c0051044_23191665.jpg

c0051044_23195659.jpg

c0051044_23203337.jpg



なんて明るい町並みなんでしょう~
おしゃれで、美味しい匂いがあちこちから漂ってきてルンルンです。イタリアン系のレストラン、カフェは大行列です。何より目をひきつけたのはゴンドラ!コレも行列で並ぶことは控えたけれど、見ているだけでも楽しい。船頭さん(イタリア語ではなんというのかな)にも上手下手がありそうで、狭い川でのゴンドラの誘導に右往左往していたのは笑いだった。なんでも、なれないうちはあちこち川岸にぶつけたらしい。船頭さんはみな、あちらの方のようだ。本場の川はもう少しゆったり流れているのだと思う。ピザの美味しい匂いに釣られていくと、お店の中には大きな石焼釜で、やはり本場のコックさんが長いへら(コレもなんていうのかな)で、大きく生地の薄いピザを入れたり出したり忙しそうだった。ここも長い行列(~_~;)お隣のイタリアンジェラートのお店も行列だった。たくさんのお店が出店している。男女衣料品、靴、バック、小物~宝石、家庭用品、イタリアらしくガラス工芸の店もある。もちろん、ブランド品の店もあるが、イタリアン市場があるのは一番楽しい。あれもこれもカゴに入れたいものばかり。ワインの数もただごとじゃない。チーズも生ハムも、オリーブの酢漬けもある。お味見と目の保養一杯できた。
c0051044_23405974.jpg

持って帰ること考えてコレだけゲットしました。ワインも欲しかったけれど、ちょっと重い(~_~;)
c0051044_23413325.jpg

c0051044_2342946.jpg


c0051044_23435140.jpg



c0051044_23423675.jpg


c0051044_2343152.jpg


バルサミコ酢が4000円6000円には、@-@ワイン並みにランクがあるようだ。


人気blogランキング
[PR]
by violasan | 2005-04-10 23:08 |