転勤族だった私は、何処に立っても山と川の望める風光明媚な町(金沢)での暮らしの中で、新聞の投稿が始まりました。徒然は私の宝物です。花の画像は庭の花です。
by violasan
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31


カテゴリ:庭々( 88 )

ミニトマト

2003年9月25日の日記
c0051044_1513358.jpg曇~晴れ?
早朝北海道で強い地震!被害に遭われた方お見舞い申し上げます。
我が家のミニトマトは、私の身長を越しました。去年のこぼれ種は、思わぬ場所に発芽!毎日小ボールいっぱいほどのミニトマトが収穫できます。降水量の多い日の後は、葉が黄変します。これは除いてあげると新しい葉が出てきます。(白い家はお隣です。紅い葉の木はどうだんツツジ。低く見える木は紫陽花です)一体どこまで伸びるのか楽しみです。100均で買った支柱3本で支えています。強い台風が来ませんように~

[PR]
by violasan | 2005-02-18 15:15 | 庭々

暑い

2003年9月12日の日記
 晴れムシムシ暑い。
本堂が全焼した永平寺は入山禁止になりました。今年は紅葉が楽しめないなんて寂しいことですね。
早く再建されるといいです。

せっかくのお休み、イロイロしたいことはあるけれど、暑くて寝不足の体は重い。じっとしていても汗が噴出してくる。いつまでこんな気候続くのかしら?
体は重くても、お庭の手入れはできるんです。よほど、性があうのでしょう~。レモンバームの葉が勢い増しすぎて来たので、抜き取ることにしました。金沢から3株ほど持ってきただけなのに庭のあちこちに増えてしまいました。とっても、良い香りなんですけれど、他のお花の成長を邪魔するほど育っています。
汗をながして30分ほど精を出しました。
これで、バラの蒸れも少しは取れるでしょう~
枯れ葉取り、水撒き、肥料をあげるだけでお昼どきになってしまいました

[PR]
by violasan | 2005-02-18 15:02 | 庭々

雑感

2003年8月18日の日記
 曇時々雨
なんだか、夏の日の過ぎるのがとっても早い気がする。
北の町なんか、もう、4~5日もすれば新学期が始まるんじゃないかと思う!
今朝の新聞に東海地震の予知欄があり東海地区三河湾あたりは「きわめて切迫している」とあった。
もう、まちがいなく、地震が起こるらしいけれど、もう一つ緊迫しない。これは我が家だけか?以前、タクシーの運転手に「修道院のある町は被害がすくない」と聞いたのを妙に間に受けている。


最近お天気も不安定で、庭にいる時間は確実に短い
雨が降っていなければ鉢植えに水を遣るけど、あとは花がら摘みをささっとやって終わり。

蚊がね~~~~~~~~
どんなに虫よけスプレーしても、耳元に飛んでくるのが苛ついて、すぐ家に入っちゃいます。
んなワケで今一の庭!。うーむ。
でもね、夫が、せっせっと、不都合なお庭を改修してくれている姿を見ると悪いなと思うけれど~。蚊は苦手なんです。
土を掘り起こすと姿を見せてくれるミミズたちは愛しいと思う私だけれどね。

ショックなこと、どうやらクリスマスローズが根腐れを起こしさよならしてしまった。
憎き長雨よ!


[PR]
by violasan | 2005-02-18 14:40 | 庭々

残暑

2003年8月8日の日記

 8月8日の今日は「立秋」、暦の上ではもう秋で、これからの暑さは「残暑」ということになるわけですが…。
 筆不精して暑中見舞い書き損ねているうちに、もう、残暑見舞いにしなきゃならないんです。
残暑でもいいからもっと太陽を!と願っている方々もいらっしゃるんですよね。
日照不足で、米・野菜の生育に影響が出ている模様ですし、そうなると結果的には 私たちのお台所も脅かされてしまいますから…。
 近づいている台風は大きそう~
どうか、被害の少ないことを望んでいます。
 伊勢湾台風、室戸台風と名古屋の中川区で被害にあった私だ。堀川から浸水した水は屋内まで入り込んだ。浸水のあとは、壁にくっきりと残っていた・・・・・・




[PR]
by violasan | 2005-02-18 14:32 | 庭々

みつばちさん

2003年7月3日の日記
c0051044_13571367.jpg

ミツバチさん、我が家のラベンダーの蜜はおいしいかな
[PR]
by violasan | 2005-02-18 13:59 | 庭々

雨の止む間

2003年6月17日の日記
止み間にお庭にでたら、足元はきのこの山だった。
松茸の山だったら歓迎だけど、なめこのおばけのようなきのこが一面に生えてるの!
「なに、これ?」
なんだか、気持ち悪くて、朝からきのこの処分に貴重な時間をとられた。
お手入れサボっているうちに、しっかり草は成長している。落ち葉や枯れ花が地面に落ちて汚い。一時深紅色でお庭を華やかにしてくれたケシの花、花の終わりとともに茎が倒れ醜い。
唯一の救いは、黒点病が治まっている。(木搾液100倍に薄めたものをバケツに20杯ほど、お庭にまいた)
トマトの茎が1メートルくらいに伸びて、支柱しないといけないし、お天気になって欲しい・・・・


[PR]
by violasan | 2005-02-18 12:00 | 庭々

現実

2003年6月9日の日記
 曇
薔薇ナイターは楽しかった。あまりにもの素晴らしさにウットリしたのは、夢か幻?
一夜明けたお庭は、見難い。朝から、後追いするまろんのご機嫌をとりながら花ハサミ持って庭にいた。気が付いたらお昼時はとっくに過ぎていた。
しなきゃいけないことが山ほどある。
まずは・・・
もう、時間がない。

[PR]
by violasan | 2005-02-18 11:52 | 庭々

酷暑

2003年5月30日の日記
晴れ
雲の流れの早い空です。
台風の予報が出ています。週末のお天気が気がかりです。
今年の5月の晴れの少なさはワースト5に入るとか~
よく降りましたね。雨!
せっかく咲いた花も、命短しと消えたものが随分あります。
今日は、雲の間に時折見せるお日様がありがたいこと!のはずですが~
こんな時、張り切って太陽の光を浴び過ぎて、強い日差しにぐったりなんてこともしばしば・・・。定まらないお天気の日こそ、そう強く感じます。
人間でも急激な変化に対応できないわけですから、植物たちには十分な世話が必要!
繊細さとたくましさを併せ持つ植物とのお付き合いは微妙なもの。愛情過多ではいけないし、放任主義でもうまくいかない・・・状況に応じてほどよい愛情を注ぐ、この「さじ加減」が難しいんですよね。今日も、日々是精進!

真夏のお庭のことが気になりました。きっと、今年も「日本一暑い街」の住人に変わりないはず!体温超える暑さの中ではガーデニングどころじゃありません。
定まらないお天気より晴天続きのほうが良いに決まっていますが、物には限界というもが~
夏は地獄となるお庭に最適な花はポーチュラカに限ります。ホームセンターの花屋で大きい白色の花を見つけたので、8株買って植えました。


[PR]
by violasan | 2005-02-18 11:36 | 庭々