転勤族だった私は、何処に立っても山と川の望める風光明媚な町(金沢)での暮らしの中で、新聞の投稿が始まりました。徒然は私の宝物です。花の画像は庭の花です。
by violasan
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31


カテゴリ:庭々( 88 )

薔薇「紫雲」

c0051044_2211384.jpg

[PR]
by violasan | 2007-05-07 22:03 | 庭々

2007年4月のお庭

先日の嵐で、開花直前のモッコウバラのアーチが折れ倒れたりの私にとっては大惨事もありました

でも、バラたちの開花、野菜の生長は待ってはくれません。まだまだ思考錯誤中のお庭ですが、5年前、何処を掘っても石ころと赤土のガチガチの土壌からココまでになったのですから、わが身に◎あげちゃいます(^^ゞ
目指すはターシャさんのお庭です。

バラが咲きだす前のお庭の様子です。

c0051044_21385216.jpg

門です。

c0051044_21392249.jpg

折れ倒れたれたモッコウバラのアーチです。高さが50センチほど短くなりバラの枝葉は三分の一ほどまでにカットし、何とか繕いました。花終了後、アーチを取り替えます。

c0051044_21395119.jpg

裏庭に続く小路。バラの間にはすみれの鉢植え。反対側にはアジサイ。ユキノシタなど植えています。日陰です。

c0051044_21401473.jpg

前庭から、小路を行くと、ココにでます。小路にもバラ植えてあります。

c0051044_21414284.jpg


c0051044_2142335.jpg
c0051044_21423752.jpg

キッチンガーデンで、バラ、パンジー、ノースボールと混合して野菜、ハーブなどが植えてあります)
[PR]
by violasan | 2007-04-17 21:45 | 庭々

バラの返り咲き

しばらく摘心していたので、花の数は少なく寂しかった。
あまりにも愛想無いので、自然に任せている。と言っても枯れた花摘み、コガネやチューレンジバチに食べられた葉は少しきり戻しもしている。
そんな中、けなげに咲く花は愛おしい。

c0051044_20355988.jpg
c0051044_20364649.jpg
c0051044_20374759.jpg
c0051044_20381336.jpg
c0051044_20385573.jpg

[PR]
by violasan | 2006-08-14 20:39 | 庭々

アジサイの色移り


以前暮らしていた金沢の庭で、青紫に咲いていたアジサイが好きで、抜き取って植えた多治見の庭でも梅雨時を楽しみにしていたのですが・・・

なんと、ピンクの花色になりがっかり・・・毎年色移りして不思議な花です。

西洋アジサイは、早くから七変化する花として珍しがられてきましたが、品種によっては初めは青だった花が、だんだんに赤に、さらに赤紫色に変わったり、その逆も。一株の中でも、枝によって花色が違う品種もあります。
同じアジサイでも、年によって赤になったり、青になったりします。これは土壌の肥料のせいで、酸性の土だと青系色が、アルカリ性の土だと赤系色になるということです。さらに肥料も窒素分が少ないと赤系色が藤色になり、窒素が多くカリ分が少ないと赤系色が強くなり、カリ分が多いと青系色が強くなるのだそうです。 我家の場合は、袋単位で様々メーカーの土、腐葉土などを買うものですから、多分用土の成分により、色が変化してしまうのでしょう。

又、土壌のアルミニウムの多少によってアジサイの花色が決まるとも言われています。アルミニウムが多いと赤色系は青色へと変わるのだそうです。 最近は、アジサイを青系の色、赤系の色にする用土と分けて売られているのをみますね。

ただ不思議なのは、最近人気のカシバアジサイなどは毎年同じシロ系にでます。なんとも不思議な花だと思います。

↓のアジサイは全て同じ花なんですよ。

c0051044_19383211.jpg


c0051044_19354628.jpg


c0051044_19362793.jpg


c0051044_19365412.jpg


c0051044_19372690.jpg

[PR]
by violasan | 2006-07-29 19:39 | 庭々

返り咲いたバラ


娘の結婚式のとき、数輪しか咲いていなかったバラが、ここに来て復活してきました。
娘のお式の日取りが決まってから、佳き日にあわせ咲き誇ってほしいなあと願っていたのですが~。
バラたちは、小柄な娘に一番華を持たせてあげようと、お休みしたのかもしれません。

ここにきて、咲き返りました。黒点病、ウドンコ病にも負けずと~。
一度ついた菌の消滅は農薬つかわずして取り去るのは無理です。
毎日、止んだ葉、花と摘み取る作業はかかせません。小さな小さな虫にも目が行くよいになりました。テデトールして、抹消しています。
バラの周りはキッチンガーデン化しています。
モンシロチョウ、キチョウが舞っているのどかな小さなバラ園です。

c0051044_8491652.jpg
c0051044_8493643.jpg
c0051044_8495610.jpg
c0051044_8501285.jpg
c0051044_8503366.jpg
c0051044_8505278.jpg
c0051044_851943.jpg
c0051044_8513237.jpg
c0051044_8515041.jpg
c0051044_8521332.jpg
c0051044_8523412.jpg
c0051044_8525298.jpg
c0051044_8531533.jpg
c0051044_8533347.jpg
c0051044_8535221.jpg

[PR]
by violasan | 2006-06-22 09:10 | 庭々

梅雨時の庭

花殻摘みを終えたバラは、再び蕾を抱えていますが今一休みです。
結婚式で、お客様の多いときに花数が少なくて残念でした。

そんな庭には、カシバアジサイが大きく伸びてきました。
c0051044_7175662.jpg
c0051044_7193865.jpg


回りにはアオキ、ギボシ、ミント、アイビーなどが育っています。
本来は、ココに白いバラを植え込みホワイトガーデンにしたいと思っているのですが、風通しも日当たりも悪いので、バラには無理な環境かと躊躇しています。
[PR]
by violasan | 2006-06-15 07:22 | 庭々

白鳥


春から咲き出したバラが一段落していて、蕾の状態のバラが多い中で目立っています。

白鳥

c0051044_13123444.jpg


我家の庭は、ハーブと草花、野菜が混在しています。
バラにも農薬は使いません。だからこそ、可能な栽培です。

c0051044_1314127.jpg

[PR]
by violasan | 2006-06-07 13:15 | 庭々

またバラです。

c0051044_21493366.jpg


裏庭から前庭に続く路地の入り口あたりに咲いています。
とっても良い香りがします。狭いもので体が触れるのですよ。ほのかに洋服に香りがつきます。
名前は不明です。凛と咲くバラもいいですが、こういう小花のツルバラのほうが好きですね。
[PR]
by violasan | 2006-06-03 21:54 | 庭々

ランピングレクター(ツルバラ)が咲きそろいました。

c0051044_20253715.jpg
c0051044_20262182.jpg


バラの花に惹かれ始めたころ行った蓼科バラクラガーデンで、一目みて執り付かれたツルバラです。季節は夏だったので、実際に咲いていたわけじゃありません。
ラベルに、クライマーで6メートル伸びるということ、ホワイトで香りが強いということ、なんとなく、バラ育て初心者にもOKのような気がしただけの事です。

ココまで大きくなるとは思いませんでしたけれど、冬かなり剪定してもクライマーを出し伸びてくれます。白モッコウより、勝るツルバラだと思いませんか?
残念なのは春一季咲きということです。
四季咲きだったらいいのに~なんて欲張りはいけませんね。

裏庭での今日のバラ

ゴールデンエンブレム(HT)四季咲き

c0051044_20483095.jpg
c0051044_20485758.jpg


とても素敵な花形です。なのに、虫に食べられていて形が崩れています。
[PR]
by violasan | 2006-06-01 20:50 | 庭々

今朝の庭


プリマ・バレリーナ(前庭、鉢)
c0051044_2073088.jpg



前庭~路路を通り裏庭に差し掛かるところに植え込んだワイルドなバラ(地植え)
c0051044_1215137.jpg



ミスティパープル(裏庭、鉢)
c0051044_12153931.jpg


グラハム・トーマス(裏庭、地植え)
c0051044_1216125.jpg

[PR]
by violasan | 2006-05-29 12:16 | 庭々