転勤族だった私は、何処に立っても山と川の望める風光明媚な町(金沢)での暮らしの中で、新聞の投稿が始まりました。徒然は私の宝物です。花の画像は庭の花です。
by violasan
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30


2005年 05月 10日 ( 1 )

虹色スミレ

遊びに来てくださる方が増えたので人気blogランキングに登録しました。ぜひ、ランキングにも応援してくださいね。


c0051044_22582822.jpg


どんなお花もにも言えるけれど、お花は顔つきが毎日違う。玄関から門へのアプローチにパンジービオラの鉢は置いてある。我家の門は西にあり、しかも家屋が迫り、フロントガーデンはコニファーやバラが育ち、比較的日陰になるアプローチとなっている。
日向では、夏の暑さに耐えることの無い鉢も、比較的水持ちがよい。とはいえ、毎日表情が違う。雨降りの後が水分たっぷり含んで、ピチピチと元気に見えるかというと、そうでもない。雨降りの一日後くらいの表情が私は一番好きだ。お天気続き3日ほど、水遣りをしないと、ゲンナリと頭を垂れている花は痛々しい。慌てて水を遣りが、すぐにはピンとしないで、私を恨むかのように、しばらくはゲンナリしている。

可愛い花弁、縁取る色の帯がグラデーションを描きながら、中心に向かって消えていく。今までは、こんな微妙な色合いのパンジーは、挿し芽で増やすしかなかったそうです。種にすると花の色の出方が変わるのだそうだ。ところがサカタのタネが昨秋、種で増える品種「虹色スミレ」を開発した。
[PR]
by violasan | 2005-05-10 23:16 | 庭々