転勤族だった私は、何処に立っても山と川の望める風光明媚な町(金沢)での暮らしの中で、新聞の投稿が始まりました。徒然は私の宝物です。花の画像は庭の花です。
by violasan
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


2005年 04月 04日 ( 1 )

ロイヤルファッション(栄養系ビオラ”プティオラ)

c0051044_9595815.jpg


スミレ属スミレ科
生育環境・・・・日当たりのよい場所。排水のよい良質な培養土。緩効性の肥料を入れて植える。
水やり・・・・・・・土が乾いたら適量
肥料・・・・・・・・・コンテナやハンキングの場合、月2回の液肥または月1回の置肥。花壇は良質腐葉土と苦土石灰で土作りして月1回の液肥、置肥を施す。
管理・・・・・・・・枯れた花は摘む。

特徴・・・・・・・・栄養系ビオラは色調、姿もバラツキなく秋咲性で8ヶ月程咲く。

庭の彩りが日にまして楽しい季節です。それでも、戻り寒波のように風の冷たい日は花も凍えているように見えます。

栄養系ビオラ?初めてきく種類なので検索してみました。
>種子系(実生)ではなく、栄養系(挿し木)で育てられたビオラなので、種子系のビオラと比べ花色のバラつきが少なく、どの株もほとんど同じ花色で咲きます。
ということは、挿し木で増えるということです。種から育てるのはなかなか大変なので、今年はビオラの挿し木試してみたいと思います。
[PR]
by violasan | 2005-04-04 10:12 | 庭々