転勤族だった私は、何処に立っても山と川の望める風光明媚な町(金沢)での暮らしの中で、新聞の投稿が始まりました。徒然は私の宝物です。花の画像は庭の花です。
by violasan


2005年 02月 12日 ( 121 )

2002/10/28(Mon)


落書き!

多治見北口(裏)に出るには、ホームをおり改札口(表)からでて、また、階段を上がり、長い陸橋を渡らなければいけない。

この陸橋が問題だ。
今日は、久びさに綺麗な内装だった。

いつもは、通るたびに不愉快な思いをしている。

よくある独特な絵の落書きだ。
一箇所だけではなく、全面に書いてある。
いったい、いつ、書くのか?目的はなに?なんとも不思議な絵だ。

落書きを消して塗りなおしても、また、すぐに!
まったく、いたちごっこの日々だ。

裏口といっても、北口のバス亭を利用する人にとっては、多治見の顔となる。
県外の友達を、この陸橋を通り家まで案内するのは、恥ずかしい・・・


(最近になって監視カメラがついた。ココまでしなければ落書きがなくならないのは恥2005/2/12記)
[PR]
by violasan | 2005-02-12 14:50 | 我町

2002/10/27(Sun)


手作りケーキ

プ~ン
オーブンからあま~い香りがする。娘がフルーツケーキを焼いている
幼稚園くらいだったか、クッキー作りに興味を持ち出した。
しばらく、見向きもしなかったお菓子つくりだが、3年ほど前から、また、作るようになった。
はじめは、上手く出来ず何度も投げ出していた・・・
このごろは、上手に焼く。
以前は、私が手ほどきしてあげたと思う。
      なのに
今は、すっかり、親の技術を超えた。
作り方が、丁寧だ。つまりは、計量などをきちんとするから、出来がちがう。(このあたりは、O型の私とA型の違いかも・・・)
素材にこだわるのも娘のケーキの美味しさの秘訣だと思う。
ケーキ教室に通ったわけでなく、私のいいかげんな教え方に、おさまらず、しっかり専門書を読みこなして作る。

従兄弟のおにいちゃんが結婚されることを知った娘は、おにいちゃんに
フルーツケーキを焼いて送るようだ。


c0051044_15453316.jpg
[PR]
by violasan | 2005-02-12 14:49 | 我町

白樺林にあこがれて

2003年10月26日の日記

白樺林にあこがれて!
去年、3本の白樺の苗をうえた。まだまだ、幼苗だったせいか、今年のの夏も、白樺にはほど遠い。
おまけに、1本移し変えたのが原因で、枯れた。
先日、見た上高地の白樺並木が目に焼きついていた。
来年の夏の避暑はこれしかない。
早速、ネット販売で、手頃な苗を見つけ、注文したが、すでにうりきれて、入荷待ちだった。

なんと、ラッキーなこと、
その品薄の白樺がホームセンターにあるではないか?
思わず、手にとっていた。
雨の中、早く育てたい一身で穴を掘り、白樺を植えた。
毎年、1本ずつ5年ほどの間、植え続けたら、我が家は避暑地・・




c0051044_15441998.jpg

[PR]
by violasan | 2005-02-12 14:48 | 我町

庭仕事!

2002年10月25日(金)の日記

庭仕事!
久々に庭に立った。
気が付くと、一週間ほど庭仕事していない。
お仕事しているかたは、きっと、こんな調子で、庭仕事なんて手が回らないのだと思う。
黒点病にかかったバラが気になる。病気の葉を処分したが、まだ、取りきれてない。
枝を、もう少し切り落とした方が迷っている。

夏の間、ゴムの木を庭に出しておいた。そろそろ、中に入れようと、鉢を持ち上げたけれど、鉢はびくともしない。
鉢底からでた根っこ!ごぼうの太いようなのがにょきにょきと伸びていた。先は、土にしっかり根をはっていた。
どうしたものだろうか?
中入れるには、根を断ち切らなければならない。
一瞬悩んだけれど、このまま、冬までだしておくわけにはいかない。
とりあえず、一鉢のゴムの木の根を断ち切った。
どうか、息途絶えないで欲しい。

後、前庭の草むしり、枯れ葉の処分をして半日過ぎてしまった。
明日は、裏庭をしたい。
[PR]
by violasan | 2005-02-12 14:48 | 我町

主婦のたまり場!

2002年10月24日(木)の日記

主婦のたまり場!
ここは、ヒマな主婦たちの天国らしい。少し行けば、田んぼあり雑木林ありの田舎まちに、似つかわしくないレストランがある。
今日は、ココでランチと決めた。
たくさんのメニューがあり美味しいと聞いたので、ワクワクして中にはいった。
驚いた事に、主婦たちが列をなしていた。待ち時間を聞くと、30分は必要とのこと!
それでは、練習に遅刻してしまう。
仕方が無く、店を出て、他のレストランに入った。
ここも、賑わっていた。
車でしか利用できないこの店も、主婦たちでいっぱいだった。
ココのおすすめは、女性のみ限定のケーキ付きランチらしい・・・
私が食べたのは、オムライスだ。
お味は、上々だったが残念ながら、オムライスにはケーキはつかない。
今度利用することがあればランチもいいと思った。

どちらの店も、かなりの席数を用意していた。
空きはなく、全て埋まるほどの客寄せは、ヒマな主婦たちを集める魅力があるようだ。
[PR]
by violasan | 2005-02-12 14:47 | 我町

美容室の予約

2002年10月23日(水)の日記

美容室の予約
12月に甥っこの結婚式に参列することが決まっている。
親戚の中での久々のお祝い事だ。娘たちがよく遊んでもらったおにいちゃんの印象強い。
両親がお元気な頃は、よく、兄弟が集まりお食事会などしたが、さいきんは途絶えていた。
少年だった甥っこも、素敵なフィアンセを見つけていた。

その分、私も年をとったことになる。
まあ、それはさておいて、久々に、着付けと髪のセットの美容室の予約をした。
和服に袖を通すのも楽しみなんだけれど・・・
着付け10000円!髪のセット(アップ)5000円だそうだ。
       
  
[PR]
by violasan | 2005-02-12 14:46 | 我町

名古屋オアシス21

2002年10月19日(土)の日記

名古屋オアシス21
練習の帰り、オアシスバスターミナルから田舎行きのバスに乗りました。
日が沈みかけていたこと、名古屋祭り予定日で混雑していたので、あまりよくみれませんでしたけれど、なんだか、すご~い空間!
クリスマスには、ライトアップされて神戸みたいなおしゃれタウンになるのかしら?

ペット屋さんを見つけはいってみると、ココはなにやさんというほどラブリーでした。
行列のできる回転すしのお店もありました。
(いつもなら、きっと並んでいる)
この日は、泣く泣くバスに乗りました。

あ~あ、住んでる町がますますます田舎に・・・・・
[PR]
by violasan | 2005-02-12 14:45 | 我町

ドッス~ン

2002年10月18日(金)の日記

ドッス~ん!
片手でまろんを抱き上げて、片手でカーテンをあけ、椅子に腰をおろそうとした。朝一の光景だった。
「ドッス~ん!」
大きな音がした。
あるはずの椅子がなかった。
まろんをしっかり抱いたまま、お尻が床に・・・

家族が居なくてよかった。

もう一つホットしたこと。
骨粗鬆でなくて良かった。
もし、・・・だとしたら、骨折だもの・・・・
[PR]
by violasan | 2005-02-12 14:44 | 我町

昨日のこと!

2002年10月16日(木)の日記

昨日のこと!
激しい雷鳴がとどろいた。
何をいかっていたのだろう?
火花が見えたような?
とにかく、激しかった。

まろんは、脅えた。

私とて、身震いするほど・・・・。

今朝もまだ、まろんの様子はいつもと違っていた。
[PR]
by violasan | 2005-02-12 14:44 | 我町

別れ・・・

2002年10月15日

川の流れのように・・・・

人生って流れていくもの
山あり谷あり台地あり
やがて海の果てへ
[PR]
by violasan | 2005-02-12 14:43 | 我町