転勤族だった私は、何処に立っても山と川の望める風光明媚な町(金沢)での暮らしの中で、新聞の投稿が始まりました。徒然は私の宝物です。花の画像は庭の花です。
by violasan
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31


世界で一つだけの花

c0051044_23125762.jpg


 私はこの曲名が好きだ。メロディももちろん好きだが、この曲名にほれ込んだ。

 「世界で一つだけの花」~とても良い響きだ。
 それはたとえ小さな花でも、枯葉の中に一輪咲く花を見つけた時の嬉しさはこの上ない。誰が水や肥料を与えるわけでもないのに、人知れず懸命に咲く。
 
 知的障害者のスポーツの祭典「スペシャルオリンピックス(SO)冬季世界大会」が始まった。「私たちは精いっぱい力を出して勝利を目指します。たとえ勝てなくても、頑張る勇気を与えてください」と選手は宣誓した。
 もちろんスポーツなのだから勝利を望むのは当然だと思う。が、ある選手はスケート靴のひもを結べなかった。手を貸すのは簡単でも「大会に出たければ自分でやらなきゃ」と何度も励まして、やる気を引き出したという。
 
この大会に従姉の子が選手で参加する。幼い時期、我子のように接した彼ももう24歳に成長していた。便利になったもので、名前で検索も出来て写真を見た。生まれたとき、寿命も短いと心配されていたけれど、立派になって嬉しい。大ちゃん、頑張れ! 
 
http://www.2005sowwg.com/jp/index.html

 そんな彼がSOの選手になれたと聞いたときは我子のように嬉しく思った。但し、SOという言葉は知らない。ネットで検索してみると、知的障害者の世界ランクのスポーツ大会とある。今まで一度も耳にしたことがない。アジアで開催されるのは初めてだそうだ。

 ここでも、数多くのボランティアが参加するそうだ。知的障害者が生きるにはまだ障壁多い世の中だが、選手の健闘を見ることで、社会に依然残る心の障壁が少しずつ取り除かれればいいと思う。
 
 日本選手団のテーマソング「世界に一つだけの花」は選手が一番望んだ曲。選手たちも、小さな花のようにきっと多くの勇気を与えてくれる。
[PR]
by violasan | 2005-02-27 22:48 | 徒然
<< 金沢駅 日記 >>