転勤族だった私は、何処に立っても山と川の望める風光明媚な町(金沢)での暮らしの中で、新聞の投稿が始まりました。徒然は私の宝物です。花の画像は庭の花です。
by violasan
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


メアリーローズ

c0051044_2274097.jpg
フロントガーデンで今際立つバラが、メアリーローズ。たくさんの蕾をつけ開花を待っている。

メアリー・ローズ(Mary Rose)
作出 1983年 デビッド・オースチン(イギリス)
グラハム・トーマスと共に発表され、イングリッシュローズの人気高揚に大きく貢献。オースチンはこの品種を交配に汎用し、イングリッシュローズの系譜を広げることに成功。

濃ピンク色を呈したカップ咲きの花を次々と付け、シンプルさとナチュラルさを兼ね備えていることが、オールドローズ的な魅力がある。
株が充実してくると、散開する枝に散らし模様を描くように、たくさんの花を付けるようになり見事。
心地良いオールドローズ香を有していますが、あまり強くはない。

バラにとって憎き病気、黒点病の葉はほとんどなく、2年目にして充実した樹形になっている。但し、虫に関しては管理が必要だけれど(^^ゞ
c0051044_20332283.jpg
c0051044_20335449.jpg

[PR]
by violasan | 2008-05-10 22:16 | 薔薇
モッコウバラ >>