転勤族だった私は、何処に立っても山と川の望める風光明媚な町(金沢)での暮らしの中で、新聞の投稿が始まりました。徒然は私の宝物です。花の画像は庭の花です。
by violasan
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31


不在者投票

2003年11月4日の日記
晴れ後曇
マニフェスト
不在者投票に行きました。
投票の日ってたいてい練習があるので(これは建前的いいわけ)投票はパス。
本音は転居が多いので住んでいる町に思い入れがないのです。
ゆえ、立候補者にも馴染みがないからです。
各政党のマニフィェスト読んでも、わが身の目で見て信頼できる政党の判断もつきません。
議会で政治家がつかみ合い、罵り合いをする光景を見ると、どこがトップになっても同じと思ってしまいます。
あたかも芝居を見物するぐらいの距離をあけて、議会を鑑賞していた私です。
そんな私が娘に影響をうけました。

選挙運動が始まったころから、各政党のマニフィェストの読解を始めた娘です。
恥ずかしいのですけれど、私は「マニフェスト」ということばさえ知りませんでした。

私の無感心に対して、「必ず選挙にいってね」と言い出したんです。
決して、娘が選んだ政党を書けとは言わないけれど・・・
娘の熱心な誘いに誘発されて、不在者投票の初体験をすることになった訳!

ここ数日、新聞の政治欄を読み漁りました。
選ぶべき政党は決まりました。
小選挙区の候補者は地区の方。
地区の集まりでお話する機会があり地区の為につくしている実績をみこんで、その方に決めて、いざ、投票所へ・・・・

不在者投票所は市役所。
我が家からは、とても不便な所です。
駅北口まで一時間に数本のバス(350円)を利用して20分位。
北口のバス亭からは表口まで階段上って下りて10分位。駅から市役所までは歩いて30分位。
バスもあるんでしょうが本数があまりないのです。
でも、幸いなことに来年1月までの限定のお試しでコミュニテイバス(100円)が利用できます。
たまたま、バス発車時刻2分前だったので乗ってみることに・・・
10分程で市役所前に着きました。
投票所は市役所の4階。
なんだかドキドキでした。
投票の為の一室が設けられていました。
受付で名前住所等を書き確認が済むと、3種類の投票用紙と封筒(現金書留何時買うような2重の封筒です)が渡されました。
これに、一枚ずつ名前を書いて、やっと、投票台に進めます。
なんということでしょう~投票台に表示されている候補者の中に決めた方がいない。アララ~です。
結局、比例代表のみの書き込みになってしまいました。
わが身の愚かさに落ち込んだ不在者投票体験となりました。

帰りは焼き物の町らしいオリベストリートとという名前の道を歩きました。
歩きならばでの、多治見の良い景観を見ました。
駅前あたりは、どう見ても暗い印象の町で、こんな町に一生暮らすのは嫌と思っていたけれど、市役所から修道院方面に?がる道はとても綺麗でした。
骨董屋など、ちょっと入ってみたくなるお店もあり、交番だって町の雰囲気に溶けこんだ造りになっていました。
修道院手前のホームセンターまでの間はちょっとした旅気分で散策できました。
お店の前にコミニュテイバスの停留所があったはず。
帰りはこれで駅まででたらいいわとお気楽気分!
ところが、再びアララです。
平日は駅に行くバスがない。
辺りは真っ暗で雨がポツンポツン・・
トボトボ駅まで40分ほど歩くことになってしまいました。
家のある団地に行くバスを待つこと15分。バスに乗って20分。

市会議員さんに望むこと!
各団地から市役所や市内の見所へのコミバスを完備してくれないと、多治見のお年寄りは何処へもいけません。
図書館と隣学びパーク(各種サークルがある)でさえ、駅より15分ほどです。
足の弱ったお年寄りには無理ではと思うのでした。
c0051044_1855220.jpg

[PR]
by violasan | 2005-02-18 15:55 | 我町
<< チーズの日 雑感 >>