転勤族だった私は、何処に立っても山と川の望める風光明媚な町(金沢)での暮らしの中で、新聞の投稿が始まりました。徒然は私の宝物です。花の画像は庭の花です。
by violasan
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30


お散歩

2003年10月31日の日記
 汗ばむほどの陽気
先日代理勤務の替わりの代休!
しなきゃいけないことは山のように抱えているけれど、とにかく、生き物が大切。
このところ、お散歩時間を端折っているので、ひさびさに足を延ばした。
ところが、まろんはいつもの折り返し地点で前足を踏ん張った。
ココで戻ったら、たった10分で終わり!
仕方がないわ~
少しだけ抱っこして先に進んだ。
もう少し行くとと、素敵なお家がある。お庭もおしゃれなんだから~。
「まろん行くよ!」
何度も踏ん張りを繰り返しながら、目的地に着いた。
どうしたかしら、真昼間から雨戸(というにはもったいないけれどなんていうのかわからない)が下りている。
なんとなく、長期お留守の気配。
きっと、海外赴任なのかしら?なんて、かってに想像してみた。
ここらへんのお散歩は心地よい。
しっかり、お庭ウオッチイングして楽しんだけれど、さて、まろんは頑固として動かない。
3.5kgのまろんを乳飲み子のように抱っこして帰途についた。
往復一時間のお散歩となった。



[PR]
by violasan | 2005-02-18 15:52 | 徒然
<< 雑感 冬越し >>