転勤族だった私は、何処に立っても山と川の望める風光明媚な町(金沢)での暮らしの中で、新聞の投稿が始まりました。徒然は私の宝物です。花の画像は庭の花です。
by violasan
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31


終戦記念日

2003年8月15日の日記
雨後曇
今日は終戦記念日
そして
亡き父の誕生日
ひさびさにテレビに釘付けになった。
毎年見ているはずなのに~
「ひめゆりの塔」


太平洋戦争で住民を巻き込む沖縄で,看護婦として従軍した「ひめゆり学徒隊」の女生徒が主人公。米軍の侵略攻撃に耐え,自決に追い込まれていく過酷な状況が描かれている。
もちろん舞台は戦争末期に近い沖縄。米軍による艦砲射撃。空襲。陸軍病院の看護活動に,女学生が動員されました。沖縄師範学校女子部と沖縄県立第1高女の生徒たちで「ひめゆり学徒隊」と呼ばれました。血,うみ,汚物にまみれた病院壕(ごう)の中での看護作業,死体処理……。米軍が上陸し,日本軍と学徒隊は命からがら移動する。さまよいながらの傷病兵の手当てします。実際の出来事の大筋を映画化したものです。
女学生たちは、私の娘と同じ世代。私自身だって戦争を知らない世代。あまりにもの残酷な日々に、二度とあってはいけないことと思い刻んだ。



[PR]
by violasan | 2005-02-18 14:39 | 徒然
<< 雑感 墓参り >>