転勤族だった私は、何処に立っても山と川の望める風光明媚な町(金沢)での暮らしの中で、新聞の投稿が始まりました。徒然は私の宝物です。花の画像は庭の花です。
by violasan
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


中毒

2003年6月19日の日記
 曇
「送別会を開く」という連絡がはいった。予定されていた中国赴任がサーズの影響でノビノビになってい知人が、とうとう行くことになったらしい。サークルのお仲間にとっては大切なお仲間としばらくお別れということで不運なことだけれど、これからという青年の海外赴任は喜ばしきことなのであろう。
このところは下火になっているサーズ情報を信じ、一回り大きくなって元気に帰国して欲しいものだ。

今回のサーズに思う。昔ヨーロッパでコレラが大流行し、原因不明のままフィレンツェでは人口の三分の一ほどの方が死亡したと聞く。サーズとて、このまま蔓延し続いたらと思うと不安な状況にあった。

少し違うかもしれないけれど、このジメジメお天気に食中毒シーズンの到来だ。
薔薇などは一番早く黒病の危機に、先日も木酢液100倍溶液バケツ10杯ほどまいて消毒したところ病変はとどまった。比較的元気なビオラの花びらにカビの発生、よく茂ったラベンダーやローズマリーの茎でさえ腐りかけている。
随分、ご無沙汰している冷蔵庫が不安になった
野菜室を覗いた。奥からカビの生えかかったレモン。ゾゾ-ッとした。
防腐剤未使用のレモンだから痛みは早いのは、承知の上だったけれど・・・
早速、野菜室の中身を全部取り出して消毒した。ついでに、冷凍庫内も綺麗にした。
早いうちに、冷蔵室も消毒しなければと思った。


[PR]
by violasan | 2005-02-18 12:02 | 健康
<< まろんとピーマン 雨の止む間 >>