転勤族だった私は、何処に立っても山と川の望める風光明媚な町(金沢)での暮らしの中で、新聞の投稿が始まりました。徒然は私の宝物です。花の画像は庭の花です。
by violasan
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30


雨の止む間

2003年6月17日の日記
止み間にお庭にでたら、足元はきのこの山だった。
松茸の山だったら歓迎だけど、なめこのおばけのようなきのこが一面に生えてるの!
「なに、これ?」
なんだか、気持ち悪くて、朝からきのこの処分に貴重な時間をとられた。
お手入れサボっているうちに、しっかり草は成長している。落ち葉や枯れ花が地面に落ちて汚い。一時深紅色でお庭を華やかにしてくれたケシの花、花の終わりとともに茎が倒れ醜い。
唯一の救いは、黒点病が治まっている。(木搾液100倍に薄めたものをバケツに20杯ほど、お庭にまいた)
トマトの茎が1メートルくらいに伸びて、支柱しないといけないし、お天気になって欲しい・・・・


[PR]
by violasan | 2005-02-18 12:00 | 庭々
<< 中毒 梅雨 >>