転勤族だった私は、何処に立っても山と川の望める風光明媚な町(金沢)での暮らしの中で、新聞の投稿が始まりました。徒然は私の宝物です。花の画像は庭の花です。
by violasan
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31


ミニ国際交流

2003年6月6日の日記
晴天
娘が祖母の作陶展を見に行った帰り、何を思ったのか名古屋の東山動物園に行った。
園内でインド人の一行と出会い、話がはずみプリクラまで撮ってきた。
なんでも、インド音楽の演奏家の方たちで、この日は東山動物園観光に来られたそうだ。母国語と英語しかしゃべれない方達と、どんな風に会話がはずんだのか分からないけれど、名刺とコンサートのお知らせのチラシを頂いてきた。中に9歳のお嬢さんもいて、天才ダンサーらしい。娘から話を聞いて、コンサートに行ってみたくなったけれど、場所は、三重県だった。おまけひ6月15日だ。
チラシにホームページアドレスがあったので、早速、覗いてみるた。
どうも、三重県に住む個人の方がイベントをご自分の家で開催されている。生活は、里山の生活というのかしら、自然とうまく共存されていて、羨ましく思った。
娘は、インド方とすっかりお友達気分でに直接メールを送っていた。
次回コンサートの時は、ぜひ、行ってみたい。



[PR]
by violasan | 2005-02-18 11:49 | 家族
<< 岐阜県マンドリンフェステバル 母の作品 >>