転勤族だった私は、何処に立っても山と川の望める風光明媚な町(金沢)での暮らしの中で、新聞の投稿が始まりました。徒然は私の宝物です。花の画像は庭の花です。
by violasan
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30


携帯電話

2003年5月13日の日記
小雨後曇後晴れ
今日は、名古屋!
朝から練習のはずだったけれど、また、所要ができた。時刻が迫りバタバタでかけた。
あっ、携帯を忘れた。一足遅れて、出掛ける娘に持ってきてと電話しようと思った。何をしているんだろう。
携帯を持たない。公衆電話もないのにできるわけない。思えば、娘の携帯番号も記憶ないし、夫の番号も知らない。たとえ、公衆電話を見つけてもかけられない。
携帯を持ちだしてから、手帳も持たない。
今となっては、もう遅い。
とにかく、バスに乗った。
なんだか心もとない。携帯を持たないことへの不安が襲う。
娘や夫に、老いた母に緊急事態でも起きたらどうしょうなんて~
午後からの練習中も気がきじゃない。
今日の予定を済ませて、急いで帰宅した。リビングのドアをあけると、まろんがクルクル回って喜んでくれた。


[PR]
by violasan | 2005-02-18 11:17 | 我町
<< SARS 病気 >>