転勤族だった私は、何処に立っても山と川の望める風光明媚な町(金沢)での暮らしの中で、新聞の投稿が始まりました。徒然は私の宝物です。花の画像は庭の花です。
by violasan
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30


酵素と舅

2003年4月21日の日記
晴れ風強し
酵素と舅
今、ある会に時間さえあれば通っている。
これが、良い事か悪い事か微妙な事だけど、今のところは、「食と健康」についてのお話は興味深い!
毎回、一時間ほどのお話。お店の宣伝を兼ねているので、私が興味あるところは30分程の間のことだ。
テーマは、「酵素」。店の目的は違うかも知れない。でも、私はこの話を聞くために足を運んでいる。
人間が健康に生きるためには、「酵素」が必要だということ。
生物か化学の時間に習った「酵素」という言葉。テストに結びつくために、闇雲に覚えた酵素の種類と役割だ。テストが終わった時点で、眼中には無くなったような気がする。
今回、「酵素」の話を聞き、ふと、舅を思い出した。
夫の両親が健在なころは、たびたび、食事をご一緒した。
舅は、とても健康に心配りしていて、食事の度に「酵素」というものを飲んでいた。
食事を共にする顔ぶれ皆に、その酵素を勧めていた。当然、嫁の私にも勧めた。
あまり、美味しいものでは無かったので飲みたくなかったが、その場限りのことと私と夫は、舅にお付き合いした。それに母でさえも嫌々口に流していたと思う。
姑は、早くに亡くなってしまったが、舅は元気に92歳過ごし大往生だった。


[PR]
by violasan | 2005-02-18 10:49 | 我町
<< はなみずき 狂犬病予防接種 >>