転勤族だった私は、何処に立っても山と川の望める風光明媚な町(金沢)での暮らしの中で、新聞の投稿が始まりました。徒然は私の宝物です。花の画像は庭の花です。
by violasan
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30


狂犬病予防接種

2003年4月19日の日記
 曇後雨
まろんの狂犬病予防接種の日
朝から、まろんのシャンプーをした。このごろ、少し臭い。獣医さんは女医さんだから「臭い」と思われたくない。トリートメントの香りを少し残しておいた。やんちゃなまろんも、シャンプーの後は良いお家の坊やになる。接種前の検診では、「綺麗にしてますね。調子良さそうですね」と褒められ、私も親バカ嬉しくなった。接種は何事もなく終わり帰宅しようと車にまろんを乗せた。
通りすがりの婦人が、「まあ、かわいいワンちゃん」と近くによってこられた。
すると、まろんたら・・・
「ワン・ワン・ワン・ワォー・・・」って、吠え出すんです。
もう興ざめです。

獣医さんと伴設している花屋さんで、欲しかったカシバ紫陽花の苗を見つけた。白く少し形が違う紫陽花だ。去年から探していた。田舎の花屋さんでは見つからず、ネットショッピングでは売り切れが続き諦めていた花だ。お庭の華やかさを少し抑えたいので、しばらくは、ホワイトガーデンを目指したいと思う。

午後は、お惣菜おばさん!
土曜午後のストアはにぎやかだ。お惣菜も気持ちよく売れていく。これから夕刻売り出しという時間に、夜の予定の地区の役員会のために、早退した。
今日は、夫のお迎えがあり助かった。
(独り言・・・昨日、夫が言った。この日記を読んでいるらしい。「毎日良く書いているねと感心?している」と言った。では、改めて、単身赴任お疲れ様!)



[PR]
by violasan | 2005-02-18 10:42 | 我町
<< 酵素と舅 つばめ >>