転勤族だった私は、何処に立っても山と川の望める風光明媚な町(金沢)での暮らしの中で、新聞の投稿が始まりました。徒然は私の宝物です。花の画像は庭の花です。
by violasan
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31


マンドラ

2003年4月5日の日記
酷い雨!
昨夜から雨だ。
今日は名古屋での練習に参加の予定をしていた。
雨の日は、荷物の事思うと出にくい。朝から空とニラメッコしていた。なかなか、雨は止まず。怠け心が出そうになったが、本番近いのに弾けない。あと2回の練習。欠席するわけには行かない。重くなった腰をあげてバス亭に急いだ。それでも、楽器だけは持ってもらえたので助かった。
バスを降りると、雨は止んでいた。
先を急ぐと、上品な女性が私の荷物をチラチラと見ている。小柄な私が持つにはおおきな楽器!目立つと思う。信号待ちで止まった。女性が話してこられた。
「マンドラですか?」
マンドリンなら、一般の方でも知っておられる方はいる。マンドラとなると、経験者じゃないと分かるはずがない。
「どうして、ご存知?」
と話がはずんだ。なんでも、30年程前に弾いておられたとか。明治大のコンサートもよく行きました。とか・・・
午後の練習時間も気になったが、お話がはずんで、尽かさず、コンサートの案内をしておいた。午前中は礼拝に参加されている。信者のかたなのであろう。そうだ、多治見の修道院のコンサートの日もお知らせしようと、住所とお名前を伺った

[PR]
by violasan | 2005-02-18 10:06 | 我町
<< 安田バレエ団 ピアノ調律の日 >>