転勤族だった私は、何処に立っても山と川の望める風光明媚な町(金沢)での暮らしの中で、新聞の投稿が始まりました。徒然は私の宝物です。花の画像は庭の花です。
by violasan
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30


いかなご

2003年3月14日の日記

晴れ
いかなご
勤務中、ストアで「いかなご」をみつけた。
以前、西宮にいたとき、行商のおばさんが、家の前をいかなごがたくさん入ったトロ箱を積んで、売って歩いていた。
それまでは、「いかなごの釘煮」という食べ物は惣菜売り場で買うものと思っていた。が、おばさんが積んでいるいかなごは生の魚だった。西宮で初めて食べた「いかなごの釘煮」の味が忘れられなくて作って見たくなった。
おばさんに聞いてみると、丁寧に教えてくださった。
キラキラ光るその5センチほどの細い魚は、ザラメと醤油煮詰めることによって、やがて、あめ色にかがやく。煮上がったら、すぐに扇風機で熱をとりさますと艶よく仕上がる事も習った。以来、ストアでいかなごを見つけると、必ず我が家で釘煮を作ることにしている。
残念なことに、勤務後、売り場を覗いたら、もうなかった。



[PR]
by violasan | 2005-02-16 11:12 | 嗜好
<< 金沢フィル室内楽コンサート 謝礼 >>