転勤族だった私は、何処に立っても山と川の望める風光明媚な町(金沢)での暮らしの中で、新聞の投稿が始まりました。徒然は私の宝物です。花の画像は庭の花です。
by violasan
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31


お手玉

2003年3月5日の日記


お手玉
探し物をしていたら、ダンボールの中にお手玉をみつけた。
娘たちが幼い時、ハギレで作ってあげた物だ。当時は縫い物も豆で、一体、何個作ったのか覚えがない。ほとんど、お友達の娘さんにお嫁にいった。
思わず両手にお手玉を手にとった。両手に交わした。
サクサクと掌に落ちる小切れのいい音に思わずもう一つ掴んだ。
3つのお手玉を交わしてみた。期待ははずれた。
私が子供の頃は、「おじゃみ」「お寄せ」などで、夢中になった。上手くいかないと、もう一回、もう一回とお手玉遊びに夢中になった。ふと、気が付くと、外は真っ暗になっていた。当時の記憶が鮮やかに甦るこの頃だ。




[PR]
by violasan | 2005-02-14 21:14 | 我町
<< 啓蟄 雛祭り >>