転勤族だった私は、何処に立っても山と川の望める風光明媚な町(金沢)での暮らしの中で、新聞の投稿が始まりました。徒然は私の宝物です。花の画像は庭の花です。
by violasan
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30


くだらない会話

2003年3月1日の日記

久々の土砂降り!
くだらない会話
「ふ○○さん、朝日新聞に載っていいましたね・・・」
と、職場の上司に言われた。
まさか、読んでくださるとは思いもしなかったので、なんだか嬉しくなった。
今日は、
「投稿して掲載される確立はどんなもんですかねェ。やっぱり、狭き門ですか?」
「投稿すれば、みんな載りますよ」って、答えておいた。
先日は、
(シフトを組む時、マンドリンをしていて練習のため休みたいと了解を得ている)
「マンドリンって、どんな楽器ですか?」
「どんな風に弾くんですかねェ。ギターとはちがいますよね。」
「マンドリンは、2本組の弦が4本あり、ピックで弾くんです。
と答えた。
すると、
上司は、
「ギターは弾けるのですか」
「弾けないです。どうしてですか」
「ぼくに教えて欲しいと・・・」

今の仕事は楽しい!
仕事の内容もだけれど、こんなたわいも無い会話が、なれない私の緊張をほぐしている。


[PR]
by violasan | 2005-02-14 21:03 | 我町
<< コンサートの衣装 不愉快な日 >>