転勤族だった私は、何処に立っても山と川の望める風光明媚な町(金沢)での暮らしの中で、新聞の投稿が始まりました。徒然は私の宝物です。花の画像は庭の花です。
by violasan
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31


ステキな景色

2003年2月16日の日記


雨上がりには・・・・・
とってもステキな景色を“発見”
それは 大府での練習の帰り道のこと。
わたしは、補助席ゆえ道中は暇なんです~(ピクルスさんありがとう)
山々の木々が 寒い冬から やっと目覚めかけた“瞬間”のよう・・・。
朝からの練習で、おしゃべりの隙間にも眠気が襲ってきます。
でも、寝込んだら運転手さんに悪いから、いつもする事があるの!
窓からの景色を必死で追います。

雨上がりの眺めはなんだかいいです。
緑の針葉樹の間に広がる枯れ木立が、幹ではなく枝の方が かすんで見えるのです。
山々の木々が 寒い冬から やっと目覚めかけた“瞬間”のよう・・・
どの枯れ枝も その先端をまん丸と太らせていたのです!
冬の間、命を殺していた木々が 身体いっぱいに「さあ!春だよ!!」
と言っている様で とっても暖かな気持ちになりました。

あと少しすれば若葉が芽吹き、5月にさしかかれば 眩しい程の黄緑に包まれ山々は喜びに浸るんですよね。

帰宅したら、娘がコロッケを作り待っていてくれました。

[PR]
by violasan | 2005-02-14 20:54 | 我町
<< 嬉しい知らせ ポスト >>