転勤族だった私は、何処に立っても山と川の望める風光明媚な町(金沢)での暮らしの中で、新聞の投稿が始まりました。徒然は私の宝物です。花の画像は庭の花です。
by violasan
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31


晴天

2003年1月29日の日記


晴天(金沢は冬の嵐)

雪国のみなさん、ごめんなさい!
お家の中は、とても明るい日差しが差し込んでいるの。
窓を開放して、大あくびしたいくらい・・・・
それでも外は寒く、お花たちは縮こまっている。
パンジ-という名前は、フランス語のパンセ(思い)。
花言葉は、「純愛」 そのほか、「私を摘んでね」「抱きしめて」 なんて、いい伝えられ・・・・
それでも、郵便屋さんが来る頃にはピンと背筋をのばし、「おはよう」ってあいさつしてくれますよ。
大きく開いたパンジ-は、甘えた顔のよう・・・・。。
ひなたに、ぬくぬくと咲いているパンジ-を見ると
まろんと、同じ・・・
ほっとした気持ちになりますね...


今日は、私とまろんのみ、ぬくぬくとお家にいます。
長女はこの寒風の中、乗馬!夫は雪国と次女は雪国の中・・・・
みんなが、元気で感謝です。

[PR]
by violasan | 2005-02-13 21:58 | 我町
<< 春一番かな? 小雪 >>