転勤族だった私は、何処に立っても山と川の望める風光明媚な町(金沢)での暮らしの中で、新聞の投稿が始まりました。徒然は私の宝物です。花の画像は庭の花です。
by violasan
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30


2003/01/


霜の害

このところの温かさに誘われて、庭に出ることが多い。
随分、草花の痛みが目だつような気がする。。

思えば、金沢の冬は霜に気が付く前に雪がつもり、草花の害は雪のセイと思っていた。それは違う。雪の前の霜のセイ・・・・・
多治見のあたりは、雪こそあまり積もらないけれど、早朝に見る霜は豪勢。
山に囲まれているせいか突然雲行きが変わる。夜油断して床につくと大変だ。
当然、草花の葉も凍りつき無残な葉色になる。
12月の寒波の夜、部屋に置ききれないゴムの木の鉢を出しっぱなしにしておいた。今、葉は全滅だ。

ともすれば落ち込みそうな庭の彩りの中に、種まきして育てた芝生だけは青々と目立つ。
貼り付けた芝生は、今休眠期だ。それでも、その下から顔を出すクロッカスの芽を見ると、春を待つ気持ちはひとしおだ。

[PR]
by violasan | 2005-02-13 21:33 | 我町
<< 2003/01/19 2003/01/17 >>