転勤族だった私は、何処に立っても山と川の望める風光明媚な町(金沢)での暮らしの中で、新聞の投稿が始まりました。徒然は私の宝物です。花の画像は庭の花です。
by violasan
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


2002/12/07(Sat)


結婚式

久々のおめでたい席に参列した。
ご当人たちはクリスチャンで、ご家族列席のもとに東京の麻生にあるという教会で結婚式は終えていた。
今日は、名古屋での親戚・友人関係の前で人前結婚式という・・

今時の傾向らしいが、なかなかいい感じだ。神主も神父もいないお式だ。雰囲気は、教会風。花嫁さんはご父上さまに導かれ前列に待つ新郎のもとへ・・・
親族のみなさんが、承認した結婚!
披露宴も良かった。
披露宴につきものの長~い祝辞はなく、新郎の上司と父上の友人さまの祝辞のみ。
司会者が上手にエピソードを入れながらの進行で皆をあきさせない。
何がいちばんいいって、生のピアノ演奏と歌の演奏のなかで、ゆったりフランス料理をいただけたことだ。
これは、すべて、ご当人たちの意向という。
歳もせまり、クリスマスも近いので、皆さんにゆっくりくつろいでお料理を食べていただきたいとのことだった。
引き出物もおしゃれで好感が持てるもの・・
名古屋特有の豪華すぎず、クリスマスムードの品々!各テーブルを飾るクリスマスカラーのアレンジ花もおみやげとなった。
これも素敵でいうことなしだ。

今回の結婚式の招待状に添えられていたお二人のスナップ写真に、なにか、ソレを予感していた。
[PR]
by violasan | 2005-02-13 12:01 | 我町
<< 2002/12/09(Mon) 2002/12/06(Fri) >>