転勤族だった私は、何処に立っても山と川の望める風光明媚な町(金沢)での暮らしの中で、新聞の投稿が始まりました。徒然は私の宝物です。花の画像は庭の花です。
by violasan
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30


2002/11/08(Fri)


日記?

 誰だったか忘れたが、「日記というものは、時間を異にした『自分という他人』との文通である」という学者がいた。
 私は、日記を小学校の夏休みの宿題でしか書いたことがない。
 手紙を書くのは好きなので『自分』という『他人』との文通だと考えれば、いまでも、続いてるはずだけれど、ココでdairyを書き始めるまで、いつも3日坊主で終わっていた。
 一時期「自分史」というものが流行った。日記はまさしくリアルタイムで書かれた「自分史」でもあるはず。少女の頃読んだ「アンネの日記」などは、まさしく、それだと思う。
米国のエドワード・エリスさんの、現在も更新中の七十年に及ぶ日記が最長記録に認定されているとか。
 
 毎年、今頃になると、本屋さんに並ぶ日記!いつも、手にとり「来年こそは」と思うのだが・・・
 今年は、本屋さんの日記帳売り場に立つ事もなさそうだ。
 
[PR]
by violasan | 2005-02-13 11:08 | 我町
<< 2002/11/11(Mon) 2002/11/07(Thu) >>