転勤族だった私は、何処に立っても山と川の望める風光明媚な町(金沢)での暮らしの中で、新聞の投稿が始まりました。徒然は私の宝物です。花の画像は庭の花です。
by violasan
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31


お花のタイムサービス

2002年10月13日(日)の日記

お花のタイムサービス!
週末の仕事となったホームセンターショッピング!
まろんのお散歩も、ココ!

食品ストアと違い、動物も出入り自由なので、重宝している。
いっそのこと、ココに動物出入り自由の食品売り場があるといい。
人って勝手なもので、自分が動物飼っていないときは、食品売り場にワンちゃん連れてくる人を軽蔑していた。
そんな私だけれど、今は、
ペットショップがあるんだから、ペット連れOKのティールームや食品売り場があれば、楽しいホームセンター通いになるのに・・・

今日は、我が町の陶器祭り!
ホームセンターの帰りに行くはずだった。
ところが、帰りがけに「お花のタイムサービス半額」が、3時からはじまる事を知った。
お花と半額大好き人間が、このまま帰れるわけありません。
待つ事20分、ゲートがあき、品定めしておいた秋名菊と藤の花2ハチを取りおさえた。

レジの列に並んで、買い物を終えたのは4時、陶器祭りは寄らず、家に直行した。

会場は、家のすぐ近く!
パーキングに列を作る車のナンバーは、ほとんど県外だ。みなさん遠くからわざわざこられるのだ。

私には、いつでもこれる!という思いがあった。
もう、多治見の人になったらしい。

金沢の時、不思議だった。
あんなにたくさんの名所や楽しい行事があるのに、土地の人はあまり関心が無い事!
「いつでもいける」この言葉がくせものらしい!
[PR]
by violasan | 2005-02-12 14:41 | 我町
<< 悲しいお知らせ! 2002/10/12(Sat) >>