転勤族だった私は、何処に立っても山と川の望める風光明媚な町(金沢)での暮らしの中で、新聞の投稿が始まりました。徒然は私の宝物です。花の画像は庭の花です。
by violasan
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31


2002/09/26(Thu)


優しいバスの運転手さん!

今日もバスを利用した。
出掛けに電話がなり、案の定長電話になった。
急いで飛び出したが、角を曲がるとバスが止まっていて、お客さんが乗り込んでいた。バス亭までは、100m位ある。おまけに坂道ときている。どうしましょう?
乗り遅れたら、30分位待たなければならない。
とにかく、手を振った。
運転手さん、みてくれるかしら・・・
モースピードで走りだした。
といっても、運動音痴の私の走りでは、なかなかだ。
50mも走ると、もう息絶え絶え、立ち止まった。
あ~、バスが走りだした。
もう一度、大きく手を振って見た。
バスが止まったではないか。
若い娘ならともかく、このおばさんのために・・・

運転手さんありがとう!と、感謝したのは束の間のこと。
バスの乗客は、私の行動を、きっと、注目していたのだろう。
と思ったら、恥ずかしくなった。
[PR]
by violasan | 2005-02-12 14:31 | 我町
<< 2002/09/27(Fri) 2002/09/25(Wed) >>