転勤族だった私は、何処に立っても山と川の望める風光明媚な町(金沢)での暮らしの中で、新聞の投稿が始まりました。徒然は私の宝物です。花の画像は庭の花です。
by violasan
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31


育てているハーブ

パイナップルミント
c0051044_20482061.jpg



栽培・・・・やや湿り気のある半日陰か日当たりのよい場所。耐寒性はあるが、夏の過乾や過湿にはやや弱い。株の更新は鉢植えは毎年、地植で2~3年に1回行なう。
地下茎ではびこる性質がある為庭の場合は底の抜けたバケツなどで囲いをして植えましょう。但し自然なお庭に見せるには植えっぱなしでよいし、そんなに酷く増えない。
ミントの仲間は種間で交雑しやすい種類です。その為、分類がしにくいグループです。
繁殖はさし芽や株分けで行います。交雑しやすいということから種による繁殖は簡単ですが、こうした種をまくと親の形質と異なった香りも形態もさまざまなものが現われて親が何だったかわからなくなります。もし、種を播くならハッキリとわかった種を選ぶこと。

パイナップルミントの特徴・・・パイナップルとりんごを合わせたような芳香。
            高さ:40センチくらい
            葉:卵型で白又は淡黄色の斑が葉側に入り軟毛が生える。
            花:花は白く茎の先端に円筒状の穂状花序を5cmくらい伸ばします。


利用・・・お菓子、料理等の香味づけ、入浴剤、香料、ティーなど。

c0051044_20515125.jpg

[PR]
by violasan | 2005-06-03 20:51 | 庭々
<< みたけの森(ササユリ自生地) 薔薇の強敵 >>