転勤族だった私は、何処に立っても山と川の望める風光明媚な町(金沢)での暮らしの中で、新聞の投稿が始まりました。徒然は私の宝物です。花の画像は庭の花です。
by violasan
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31


我家の味


c0051044_2361399.jpg

~ってなんだろう。とふと考えた。
毎日、今夜の献立なにしょうって朝決める。大体はすぐ決まり仕事に出る前に下ごしらえしておく。
 時には、どう頭ひねっても思いつかない時がある。そんなときは野菜籠と冷凍室に目をやる。牛肉コマきれ、ジャガイモ、ニンジン、タマネギと揃えば「肉じゃが」となる。
 たかが肉じゃがされど肉じゃがではないが、日により微妙に味が違うのも面白い。調味料を大匙何倍と決めているわけではなく適当にいれるから、味は違うに当たり前なのだが?
肉じゃがに関しては、お肉の味でほぼ決まる。やはり国産牛のコマ切れに限る。モモ肉だけじゃ、コクが足りないし・・・量を減らしても、質を選べである。
 
 私は、適当に作る。以前娘に「肉じゃがの作り方教えて」と聞かれハタと困った。そんな時、お料理初心者用の料理本を娘のために選んだ。書名は「家庭の基本料理」とやら~。
 私がいるときは、味見しながら作っているけれど、いないときはこの本を見ながら料理している。娘はA型人間、几帳面だ。きちんと本の手順通り作るから、お味は100点満点にちかい。
 外出先から、何々のお料理作っておいてと頼むことがある。私も娘もサービス業勤務だから、仕度時になかなか揃うことはない。
 でも、この本さえあれば、基本の料理はできそうだ。
 いつの日かお嫁に行く時、あえて新しい本を買わずその日まで使いふるしたこの本を持たせてあげたいと思っている。、

 将来娘なりの「肉じゃが」が彼女の家庭の我家の味になることを望んでいる。

 

 
[PR]
by violasan | 2005-03-10 22:50 | 徒然
<< 春の訪れ! 青い薔薇 >>